海辺に座る女性

人数設定は非常に大事

音楽を聴く女性の姿

ピンクコンパニオンを手配する際には、事前に宴会の参加者に周知しておく必要があることは、先ほどのページで理解して頂けたはずです。ですが、幹事の方がピンクコンパニオンを手配する際に気を付けておくべきことは、まだまだあります。その一つは女性の人数です。どれくらいのピンクコンパニオンを呼ぶかが宴会を成功させる重要なポイントになるんです。
初めてピンクコンパニオンを手配する幹事の方がやってしまいがちなのが、とにかく人数を増やすということです。単純に考えるとピンクコンパニオンの人数が多ければ多いほど、宴会は盛り上がると思うでしょう。確かにそうかもしれません。ですが、宴会が盛り上がることと、宴会が成功することはイコールではないんです。
会社の宴会には目的があります。仕事外の時間でコミュニケーションを取ることで、仕事を円滑に行えるようにするといったことです。その目的のために、ピンクコンパニオンを使うんです。ですから、ピンクコンパニオンと遊ぶことが宴会の目的ではないんです。ですから、人数を増やし過ぎると本来の目的を果たすことができなくなってしまうんです。これでは、幹事として宴会を成功させたとは言えないでしょう。
どれだけ予算に余裕があったとしても、ピンクコンパニオンの数は控えめにしておく必要があります。少ない人数であっても、確実に宴会を盛り上げてくれます。そして、宴会の本来の目的もしっかりと果たすことができるんです。初めてピンクコンパニオンを手配する幹事の方は、しっかりと理解をしておきましょう。